英語を楽しく、身近に

『英語を楽しく、身近に』をモットーにブログを書いてます。

和製英語に気をつけろ!

 

 こんにちは、りくぼーです。

今日は和製英語に関してです。

f:id:riku123454321:20181107122243j:image

 

単語の意味を一度誤って覚えてしまうとそれが定着してしまい、結構やっかいですよね。それは日常生活の中に潜む和製英語にも当てはまります。

 

みなさんはどれくらい多くの和製英語を知っていますか?

 

ノートパソコン、クーラー、レンジ、リフォーム、ジェットコースター、トランプ、フライドポテト、バイキング、ペットボトル、ガソリンスタンド、ピアス、オープンカー、フリーサイズ、ダンプカー、ペアルック、カンニングetc...

 

ざっと思い浮かんだだけでもこれだけありました。そもそもこれらが和製英語であり、ネイティブスピーカーに対して使っても通じないということを知っていたでしょうか。また、これらが和製英語だと知っていた人は、きちんと正しい英語で言えますか?

 

『知っている』『使える』にはかなり大きな差があります。日常会話で使われる単語を日本人の多くは知りません。「TOEICや英検などの資格試験に出ない」と言って無視します。いや、軽視してるとすら言えるかもしれません。それなのに日常会話は出来るようになりたいと多くの人が主張するのです。日常で使っている単語を知らないにもかかわらず、です。

 

少し周りを見渡してみてください。自分の周りに色々なものがあることでしょう。それを英語で言えるか確認してみるといいと思います。

 

英語学習者の中にはこのように主張する人がいます。

日本だと話す機会がないから話せるようにならない。話せるようになりたければ、留学するのが一番だ

 

確かに日本で生活する中で英語を話す機会はそれほどないかもしれません。また、留学することによって話せるようになった人が多いのも事実でしょう。しかし留学をした人の中には「効果がなかった」と留学したことを後悔している人もいます。留学はかなりの費用を要すにも関わらず、「必ず話せるようになる」という保証はありません。

 

そもそも留学することのメリットは何か。

それは英語で物事を考え、英語を話す機会が日本で生活するよりも多くあること、むしろ英語で物事を考え、英語を使って生活しなくてはならないことだと思います。

 

それではそれを日本で生活する中で実践してみればいいのではないでしょうか。つまり、話せるようになりたいと思うのであれば、話してみればいいのです。まずは、自分の周りにあるものを日本語を介さずに英語で考えて英語で言えるように練習してみてください。それが出来るようになれば少しずつ「英語脳」に変わっていくでしょう。

 

私の尊敬するATSUさん(@atsueigo)さんはスピーキングの練習法として「独り言」を提唱しています。実際、私も実践していますし、それによって効果も出てると感じています。いつでもどこでも出来ますしお金もかかりません。実践している経験からもこれ以上効果的なスピーキング練習はないのではないかと感じています。独り言についてはATSUさんの記事を読んでみるといいでしょう。一応URL貼っときますね。

http://atsueigo.com/hitorigotohowto/

 

偉そうなことを書いていますが、私自身も勉強中、練習中の未熟者です。

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

『I love you』を基にイメージで捉える動詞の語感

こんにちは、りくぼーです。ヒトリグラシオウエンキャンペーン

 

今日は『I love you』から動詞のイメージを見ていきたいと思います。

f:id:riku123454321:20181101173402j:plain

 

そもそもネイティブスピーカーは自動詞・他動詞の概念を知らないそうです。なぜかというと彼らは文法を先に勉強しているわけではないからです。つまり、生活の中で自然と身につけてきたわけです。私たち日本人も生活していく中で、日本語(母語)を習得してきましたよね。自然と身につけたから「日本語を説明して」と言われて文法的にきちんと解説出来る人は少ないのではないでしょうか。納得ですね!これを基に以下のように考えてみました。

 

「私たちの母語である日本語を生活の中で自然と身につけたことをイメージすれば英語に関しても当てはめられるのではないか」と。

簡単に説明していきます。

 

どういうことか。『love』を例に見てみましょう。

『love』は他動詞だから目的語が必要。だから『love』の後には必ず目的語を置かないといけない

と私は習いましたしこのように習うのが通例でしょう。これは他の動詞に対しても使われます。

 

しかし、別の考え方が出来るのではないかと仮説を立てました。

つまり、発想を変えてみる。いや、そもそも発想が違うのかもしれない、と。

 

『love』が他動詞だから目的語を必要とするのではなくて、目的語があるからこそ『love』できる。つまり、目的語がないと『love』が出来ないと考えてみました。

 

 

言葉だけだと分かりにくいのでイメージしてみると納得出来ると思います。

 

 

動詞の『love』をイメージしてみてください。

どんなイメージがありますか?

「いつでも心の中にいる存在」

「いなくてはならない存在」

「その人のためならなんだってできる」

このようなイメージが思い浮かぶでしょう。

あなたにとってそんな人を思い浮かべてみてください。絶対にいると思います。

 

私の頭に浮かんだのは、母や父や兄です。私にとって家族はいなくてはならない存在だし、もしもいなくなったら心が張り裂けそうになります。家族のためならなんだってできます。

 

好きな人や恋人である必要はないと思いますし限定できるものでもないと思います。『love』は『love』する相手がいるからこそ使える動詞ではないでしょうか。いなければそもそも使う必要がないので出番すらない。

だから、他動詞ありきの目的語ではなく、目的語がありきの他動詞です。

 

そして、『love』を使う際は直後に相手が来なくてはなりません。『love』の邪魔になるから時間や場所を表す表現も挟まない。結果的に『主語(S)・動詞(V)・目的語(O)』の語順になるというように文型にも関係があるように思えます。

 

さらに、ネイティブスピーカーの発音を聞くと、他動詞と目的語を1つのセットであるかのように話します。"I love you."を「アイラビュー」というように繋げて話しますよね。そこに密接な繋がりがあると考えられます。

 

全てはイメージすることによって理解できます。そもそも自動詞か他動詞かを丸暗記する必要はないんです。『I run.』はそのままでイメージが完結しますが、『I eat.』ではイメージが作れません。食べるものがないときにはネイティブスピーカーは『eat』という単語を使わないし使うわけがないんです。だから『eat』は他動詞です。

 

f:id:riku123454321:20181101172655j:plain

f:id:riku123454321:20181101172717j:plain

 

 

 

 

だから言語は面白い!

こんにちは、りくぼーです。

 
そろそろネタが切れたので今日は『言語に対する個人的な考え』を書きたいと思います。(笑)
 


私がなぜ、様々な言語に興味を持ち、外国語を勉強しているか。
 
それは、最初のブログで書いたように、「世界中に友達を作ること」「英語が出来たらかっこいいだろうなぁ」といった気持ちからでした。
 
 
ですが、今思うと、単純に言語って面白いなぁと感じる場面があったことが影響しているのではないかと思います。ここでいう言語はあくまでも母語である日本語の話です。
 
 
個人的に言語が面白いと思う理由は、『表現が無限にある』からです。私は昔から国語が好きでした。なぜなら、正解が一つではないからです。
 
人によって色々な考え方や表現の仕方があります。自分では思いつかない考えや発想を持っているということを知れるので、国語という教科が好きでした。
 
それは日常生活からも見てとれます。
 
例えばプロポーズ。


プロポーズの言葉をみても色々な表現がありますよね。「結婚してください」とストレートに言う言う人もいれば、「毎朝味噌汁を作ってください」などと間接的に言う人もいます。中には「今まで40年生きてきて、人生80年とするならば残り40年、あと残りの人生を一緒に生きていきましょう」などと言う人もいます。笑
 
 
 
言語にも同じことが言えるのではないでしょうか。


人によって使い方が違うからこそ、使い方によって印象が決まったりしますよね。それも言語の面白い点だと思います。
 
 
 
国語学習もまた同じことが言えると思います。


文化や歴史などは国によって違いますよね。だからこそ価値観や考え方も変わってきます。
 
例えば、時間に対して。


私たち日本人は約束の時間はきっちりと守る人が多いと思います。
「約束の時間に遅れる=相手に失礼」だと感じる人のが一般的ですよね。日本人は時間のルーズさに関してはマイナスに捉えます。
 
 
しかし、ラテン系の人は違います。ラテン系の人はしばしば約束の時間に遅れてきます。なぜでしょうか。
 
それは国民性のようなものなのではないでしょうか。私たち日本人からすると、「時間にルーズなだけ」だと感じるかもしれません。しかし、それはあくまで私たち日本人の感覚ですよね。
 
 
対して、ラテン系の人からすると、時間を守らないことが悪いことではないというように感じてるのではないでしょうか。その人の性格や特徴のようなもので、時間を守らないことで怒ったりはしないと。
 
ラテン系の人は自分が約束の時間に間に合わないことを自覚しており、わざと1時間早めに約束の時間を設定したりするらしいです(笑)
 
 
もしも早く着いたら、決して相手を責めるのではなく、自分の好きなことをして時間を潰す。時間を守ることは大切かもしれませんが、ラテン系の人のように心に余裕がある方が生きてく上でラクそうだなぁと感じます。
 
 
 
言語を学ぶ中で、文化や価値観に触れる機会が多々あります。自分の持つ価値観と異なる価値観に触れることで、世界がより身近に感じられたり、こんな世界があるんだなぁと新鮮に感じることが出来ます。
 
 
言語学習は発見の連続です。
だからこそ言語は面白い!!
 

スタディサプリEnglish コーチングプラン スタディサプリ ENGLISH

 

認知言語学とは何か。

 

こんにちは、りくぼーです。   ヒトリグラシオウエンキャンペーン

 

今回は認知言語学とは何かということについて書いていきます。

 

日本語と英語では直訳だと上手く表現できない事があったりしますよね。

そもそもなぜそのようなことが起きるのでしょうか。考えたことはありますか?

 

そもそも言語では、事象の全てを表現することは出来ません。つまり、事象の一部をハイライトして言語化しているだけなんです。そして、その事象のどの部分を言語化するかということが日本語と英語では異なります。だからこそ、直訳だと上手く表現ができないといった現象が起きるのだと思います。

 

こちらの図を見てください。おそらく多くの方が見たことがあるのではないでしょうか。

f:id:riku123454321:20181025142912j:plain

 

『ルビンの盃』と呼ばれる有名な図形です。

絵として前景化されてる部分を「図」、背景となり後景化されてる部分を「地」と呼びます。「図と地の反転」と呼ばれる認知能力の一つです「ゲシュタルト心理学」の重要な概念になっています。

 

関西学院大学の嶋村 誠教授は自身の論文でこのように書いています。

ヒトの認知パ ターンを捉えるためのモデルのひとつ にプロ ミネンス ・モデルと呼ばれるものがある。 ヒトがい くつかの要素からなる状況や対象を知覚するとき、 すべての要素を

一 様 に 注 意 し て 見 た り把 握 し た りす る わ け で は な く、 あ る 時 点 で そ れ ら の 要 素 の な か には、 ほかの要素よりもより注意が向けられて形として浮き上がっ て見えるものと、いわば背景となっ てあまり注意が向けられてい ない もの とがある、とい うようなかたちで知覚され る こ と が よ く 生 じ る 。

https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20181025141152.pdf?id=ART0007320498

 

 

認知言語学では、認知能力というものは絵画、音楽、スポーツ、料理、論理的思考といった様々なものに反映されており、言語能力も認知能力の一つだという立場に立って言語現象を捉らえるアプローチ方法です。興味がある方はぜひ、調べてみてください!

 

【クローズド】ラングリッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Reading is to the mind what exercise is to the body

お久しぶりです。

こんにちは、りくぼーです。

 

今日は、タイトルにあるように”Reading is to the mind what exercise is to the body”についてです。

 

 

こちらの例文は多くの文法書に載っているので見たことがある人もいるかもしれません。

 

A is to B what C is to D


AのBに対する関係は、CのDに対する関係と同じである

 

 

という意味の有名な構文ですね。

 

 

先日、とある本を読んでいたら実際に使われているのを見つけました。

f:id:riku123454321:20181022162945j:plain多くの文法書に記載されている有名な例文にも関わらず、実際に見たことはなかったので見つけた時に感動してしまいました(笑)

 

感動すると同時に皆さんに紹介したくなったので、今日はこの例文について触れます。

この例文はどの参考書にも掲載されているほど有名なため、見た事がある人は多いと思います。ただ、この構文の構造を理解している人は少ないのではないでしょうか。

 

それでは解説していきます。

以下のようにカッコで括って見ると分かりやすくなりますよ!

 

Reading is (to the mind) {what exercise is to the body}.


※前置詞+名詞は修飾語(M)になります。つまり、主語が reading で補語が what節の第2文型なんです。その V と C のあいだに to the mind(前置詞+名詞) が割って入った形です。基本的にM(修飾語)の位置は比較的自由です。そのためVとCの間に割って入るような事があるんです。


この前置詞句(to the mindを文末にもっていくと、what節の内部にあるように見えてしまうかもしれません。つまり分りにくいんです。それに to the body to the mind とつながりカッコ悪い印象を受けます。また、修飾語の位置は比較的自由なため、文頭にもっていく手もあります。しかしそうした場合、「B : A = C : D」となり、意味と形がずれてしまう。『A:B=C:D』という形を残すためにもこのような順番になっているんです。

PROGRIT

 

 

 

 

 

 

 

 

10月19日

こんにちは、りくぼーです。

 

 

皆さん、今日は何の日か分かりますか?

f:id:riku123454321:20181019153930j:plain

 

 

 

 

そう、今日10/19はTOEICの日です。

 

だからといって特に書く事はないんですけどね(笑)

 

先日、9月のTOEIC結果発表を受けて今年中に TOEIC900点を超えると目標をたてました。

 

TOEIC用の対策をした方が結果は早く出るとは思います。ただ、TOEICの点数が高いからといって英語が使えるかといったら関連があるとは言い切れません。最近ですとTOEIC900点ホルダーでも英語を話せないなどといったことが知られてきています。

 

そのため私は試験用の対策をするのではなく、日頃から英語に触れる中でバランスよく英語力を高めたいと思います。ただ、最近サボりがちなので今日、TOEICの日を機に気持ちを入れ替えて頑張りたいと思います。

 

**************************************

最近、英語用のアカウントをInstagramで作りました。@riku123454321

良ければフォローお願いします!😆

 

 

 

 

 

 

 

英語はホントに必要?

こんばんは、りくぼーです。

 
2020年の教育改革に向けて、最近では何かと教育が話題になります。そんな時代を変える転換点にある今だからこそ、改めて私なりに英語について見直してみたいと思います。


 
英語が出来る人の主張として、「英語が出来れば世界が変わる。だから英語を勉強しよう」というのをよく見かけます。
 
 
「英語が出来れば世界が変わる」
 
 
これに関しては私自身がその一人のため、完全に同意ですし間違いない事実の一つでしょう。しかし、「だから英語を勉強しよう」という点はどうでしょうか。
 
 
というのも、私たち日本人はしばしば「英語が出来ない」と言われます。それは何故でしょうか。
 
 
私は「使う必要がないから」だと考えています。
私は英語を好きになり、今では大学で英語を専攻しています。そのため周囲には英語を必要としている人、英語を勉強したい人、が大勢います。
 
 
しかし、日本人全体を見ると話は変わってくるのではないでしょうか。多くの人にとって英語は必要なものではないのだと思います。
 
 
以前、とあるセミナーに参加したことがあります。その際、このように言われました。少し長いですが、かなり重要なことを言ってます。
 

『大学生を始めとした就活生は、語学力がマストな能力だと思い、TOEICや英検などの資格を武器にする人が多い。確かに、採用の際にこれらの資格試験を参考にする企業はあるが、私たち企業の採用側が見ている、欲しているのは語学力ではなく、専門性やコミュニケーション能力だ』

 
それに加えて、『学生の考えるコミュニケーション能力と私たち企業側が考えるそれは異なる』とおっしゃっていましたが、それについては割愛します。
 
 
学生側と企業側で考え方には違いがあるみたいですね。
さらに、私の担任はよくこのように言います。
 

『英語専攻でTOEICが700点の人と経済専攻でTOEIC500点の人なら企業側は後者を取りたがる。なぜなら、語学力は入社してから上げればいいが、専門知識はすぐに身につけることはできない。だからこそ大学で専門知識を学んだ人は即戦力として使える』

 

 
 
私は、「なるほど、その通りだ」と感心したのと同時に、英語しかない自分に危機感を覚えました。英語しかないと言っても、英語の世界で生きていくには到底実力が足りないのです。
 
 
確かに、通訳や翻訳などのように、主な仕事として英語を使うのであれば、語学力が必要なのは言うまでもありません。しかし、例えば営業や企画が主な仕事であれば英語を必要とする人は格段に少なくなるでしょう。それゆえに、英語を勉強する必要性がなくなる
 
 
また、私たちが英語が出来ない、あるいは使わない理由の一つに島国という特徴があるように思います。
 
ヨーロッパを見れば分かるように、陸続きです。そのため、隣国から気軽に行き来しやすい。そのため、意思疎通のために母国の言語だけでなく、英語が必要になってくる。他国に英語を話せる人が多くいるのは地理的な問題が関係してるのではないでしょうか。さらに、英語が世界共通語となっているゆえんでもあるでしょう。


 
またまた話が逸れてますが、今回のブログで何を言いたいかと言うと、私たち日本人の多くは英語を必要としている人が少ないということです。
 
 
だからこそ、『英語が変われば世界が変わる。だから英語を勉強しよう』と主張するのは少し間違っているのではないかと思うのです。以前は私自身が英語によって人生を変えられたので、このように言いがちでした。しかし、最近では上に書いたような考えを持つようになったので一人の意見としてまとめときます。

PROGRIT

天野杯に行ってきた!

こんばんは、りくぼーです。

 
みなさんは天野杯を知っていますか?
 
 
天野杯とは、全日本大学生英語弁論大会の一つで、大隈重信杯争奪全日本学生英語弁論大会(早稲田大学福澤杯争奪全日本学生英語弁論大会(慶應義塾大学と並び全国三大学生スピーチコンテストの一つに数えられ、学生スピーチ大会としては文部科学大臣杯をいただいている数少ない大会の一つです。
 


 
そんな名の知れている大会であるにも関わらず、知らない人は多いのではないでしょうか。
 
 
今回のブログを通してより多くの方に知ってもらえたらいいなと思います。受験生など、特に中学生や高校生に知ってもらいたいです。獨協大学、凄いです!
 
 
結論から言いますと、天野杯、かなりヤバいです!めちゃくちゃ感動したし何度も鳥肌が立ちました。各スピーカーが「天野杯という大舞台に向けて努力した成果を見せつけてやるぞ!」と気合いが入っているように見えました。
 
 
残念ながらExtemporaneous Speech(即興演説)「以下:エクステンポ」は時間の都合上、見ることが出来なかったのですが、Prepared Speech(自分の書きたいトピックについて事前に準備をしているスピーチ)「以下:プリペアード」は各スピーカーの想いがひしひしと伝わってきました。
 
書きたい内容を事前に書いてくるプリペアードでは事前に準備しているだけあってみなさん非常にレベルが高く、各スピーカーの個性を見ることが出来ましたし彼らの努力の痕跡が垣間見えました。
 
 
また、プリペアードでは具体例が最大のカギになります。なぜならそのトピックをなぜ伝えたいのかという最大の理由になるからです。
 
 
世の中には多くの問題が山積しています。例えば、私たちが朝マックを快適に食べている最中でも、世界中で飢餓に苦しんでいる子供たちが大勢いますよね。問題が山積しているにも関わらず、なぜそのスピーチをする価値があるのか。それを決めるのは具体例で決まると言っても過言ではありません。その人にしかできない具体例を用いることによって主張したいことの重みが増すんです。
 
今回のプリペアードでは各スピーカーの個性がかなり出ており、彼らにしか出来ないスピーチだったと思いました✨
 
 
この感動は文面だけで伝えることはできません。大隈杯福澤天野杯(各大学のイメージカラーにしてみました笑)、と三大大会は毎年行われます。また、多くの大学でも大会は行われています。ぜひ一度、生で見てみてください!
 
さらに、今回の天野杯では、放送通訳者として活躍されている柴原 早苗さんがゲストスピーカーとして講演をされていました。
 
通訳の仕事、通訳に必要な能力、英語学習の秘訣など基本的な事柄から深い話までお話しされており、大変学ぶことが多かったです。
 
 
今回の天野杯のコンセプトは、
Spark~Be a sparker for New World~です。"Spark"には「きっかけ」という意味があります。ただ単にスピーチをするのではなく、日常にある「きっかけ」から生まれたスピーチによって、人々に行動を変化させる「きっかけ」を生み、世界に変化をもたらす「きっかけ」になることを願う獨協大学ESSさんのお気持ちです。素敵!
 
 
今回の天野杯を見て、私自身多くの刺激を受けました。同世代の人が大舞台で多くの聴衆を前に発表をする。カッコよかったです。スピーチっていいな、ESSっていいなと改めて感じました。ディベートやディスカッションも見てみたいと思いましたし、自分自身の夢や目標に向かって精進しようと心を新たに決めました。
 

スタディサプリEnglish コーチングプランスタディサプリ ENGLISH 日常英会話コース

writingの書き方の基本

こんばんは、りくぼーです。

 
今日はwritingの基本的な書き方について書いていきます。
これを知ってると現代文にも英語にもプレゼンにもビジネスにも使えますよ。


最近では、『英語で日記を書いてみよう』と名付けられた参考書が多く出版されています。そのため、多くの人が日頃からwritingを行う機会が多いかもしれません。しかしライティングの基本的な書き方を理解していますか?
 
PREP法という文章構成法の一つを聞いたことがあります。PREPとは以下の略です。
 
P: Point(ポイント)
R: Reason(理由)
E: Example or Experience(例あるいは経験)
P:Point(ポイント)
 
構成としては1~4のようになります。
 
 
これだけだと分かりにくいと思うので例を挙げましょう。
 
1.俺は彼女が好きだ!
2.可愛い
3.実際クラスの男子はみんな彼女を可愛いと言う
4.だから俺は彼女が好きだ!
 
「え、こんなんでいいの?」と思う人がいるかもしれません。初めのうちは全然大丈夫です。構成を理解するためですからね!
 
もうちょっとまともに書くとこんな感じです。
 
1.私は英語を勉強したい
2.かっこいいし需要がある
3.実際、日本では英語関連の多くの仕事がある(ex)通訳・翻訳
4.だから私は英語を勉強したい
 
※あくまで構成を分かりやすくするために書いただけですからね!笑
 
 
1.の主張だけだと説得力なくないですか?笑
だからこそ2.理由や3.例が重要な役割をするんです。
 
 
「俺は彼女が好きだ!」と主張する人がいたとします。「どこが?なんで?」と問われて答えられないようだと「ホントに好きなの?」と感じられてしまうかもしれません。
 
彼女としても気配りができる、一緒にいて楽しい、などの理由を聞きたいはずですよね。笑
 
 
writingには基本的な書き方が存在します。
これを知っているか知らないかでwritingの質はかなり違ってきます。
基本的な書き方を知らなくても上手に書ける人もいるでしょう。ただ、基本ができていない人は、いづれ伸び悩む傾向にあるように思います。文型の理解が不十分なまま英語学習を続けたら必ずスランプに陥るのと同じです。
 
少なくとも私が英検準1級に合格できた一つの要因は、writingでかなり差をつけることが出来たからだと思います。
 
皆さんもぜひ参考にしてみてください!
 

第233回TOEIC結果

こんにちは、りくぼーです。

 
今日は9月に受けたTOEICの結果発表日です。
 
 
結果から言うとこんな感じでした。
 
結果を見た瞬間は、「ついにここまで来た!」という感じがしましたが、受けた感想としては出来なかった感じがしたのでなぜ自己ベストを更新出来たのかが分かりませんw
 
 
 
私は大学で英語を専攻しています。しかしみなさんのイメージするほど英語を使う機会はないと思います。少なくとも私の英語を専攻している人のイメージとしては、授業を英語で受け、ネイティブスピーカーと話す機会が多く"プチ留学"くらいに思っていました。
 
 
しかし現実は違いました。確かにネイティブによる授業は英語で行われます。しかし、生徒同士の会話はほぼほぼ日本語です。英語を使って話そうとする人はめったにいません。英語を話しづらい雰囲気、そこが課題かなと思います。また、私の大学には夏休み等を使った短期対策講座は行われるものの、通期の"TOEIC対策コース"のようなものはなく、基本的には自分たちでやるような形です。そのため、普段から自主的にやっている人とそうでない人との間の差が広がっている印象を受けます。
 
 
またまた話が脱線してきているので話を戻します。w
 
 
私はTOEICを受験の際に特に対策をしたことはありません。
以前はRとLとの間の差が大きかったのですが、大学でLの機会が増えたことによる影響か、段々とRとLとの間に差がなくなってきました。100点近く離れてることもありましたが、5点までになりました。
 
 
英語力が上がっている実感はありませんが、特に対策をするわけでもなく、英語力が上がってるとしたら嬉しいですね!
 
 
 
この結果を受けて、一つ目標を立てました。
 
 
特に対策をするわけでもなく、日頃から英語に触れることで、今年中にTOEIC900点を取ります!
 
みなさんもそれぞれ目標の点数があると思います。一緒に頑張っていきましょう!


 

クリクラミオ